Requires a javascript capable browser.
豊橋店/豊川店
0120-215-010 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて ガイソーのこだわり 店舗を探す リフォームメニュー メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品 お客様の声 お問い合わせ ボランタリーチェーン加盟店募集
ガイソーブログ
サッシのカバー工法について
2023年01月07日
1.サッシのカバー工法とは 
 
こんにちは!ガイソー豊橋店の鬼木です。
今回は、外壁を傷つけずに施工可能なサッシのカバー工法についてご説明致します。
 
1.サッシのカバー工法とは
今のサッシ枠を利用し外壁を傷つけることなく新しいサッシを取り付ける工法です。
家の中で一番熱の出入りが大きいのは屋根でも外壁でもなく「窓」からで、冬では室内の熱が約5割出ていき、夏は外気温が約7割入ってきます。 
そんな冬の寒さ・夏の暑さを簡易的に解消することが出来るのが「サッシのカバー工法」です。
既設の壁を傷つけることなくお悩みを改善することが出来る人気のリフォームとなっています。
 
 
2.サッシのカバー工法 メリット・デメリット 
◇メリット
①工期の短さ
施工箇所によっては1時間程度で施工を終えることが出来る為、簡易的なリフォームが可能
 
②断熱性向上
単板ガラスから複層ガラスに変更し、熱を伝えにくい樹脂枠を使用することで外気温の影響を受けにくい室内環境を実現
 
③開閉がしやすくなる
引違い窓のガタつきは、窓の変形や戸車の劣化が主な原因。窓を取り替えると、開閉しやすくなり動きもスムーズになります。
 
④コスト削減
外壁を壊す・処分するなどの工事が不要な為コストを抑えることが出来る
 
⑤窓の種類を変えることが出来る
FIX窓(換気不可)→引違いなど種類を変え窓の開け方を変えることが可能
 
◆デメリット
①窓のサイズが小さくなる
今ある枠の上から新しいサッシを被せてリフォームを行う為一回り小さな窓となってしまいます。
 
②施工出来ない可能性がある
雨戸が付いている場合は窓が雨戸に干渉してしまい施工不可な場合もあります。
 
 
3.サッシのカバー工法 価格
LIXIL リプラス
 
W1700×H1200 (腰窓)
【参考価格】税込み\190,000~
※材料・取付施工費含む
 
W1700×H2000(掃き出し窓)
【参考価格】税込み\250,000~
※材料・取付施工費含む
 
 
4.サッシのカバー工法 施工事例
施工前

施工中



専用枠



 
施工後

 
 
サッシのカバー工法は簡単スピード施工であっという間にお悩みが解決できます。
コロナ禍により「在宅ワーク」や「おうち時間」が増え、同様の悩みをお持ちの皆様におすすめです!
 
今なら先進的窓リノベ事業など国からの補助金を活用することも可能な商品です。



この機会にお得にリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?
ガイソー豊橋店・豊川店では、外装工事以外にも皆様のお悩みを解決する方法をご提案させて頂きます。 些細なお悩み事でもご相談ください。
 
お問い合わせ
0120-215-010
受付 8:30~18:30