Requires a javascript capable browser.

外壁・屋根リフォームをするならお任せ下さい!住まいの外装リフォーム専門店 GAISO(ガイソー)豊橋店・豊川店

豊橋店
0120-215-010 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 リフォームの流れ ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 リフォームメニュー 外壁塗装キャンペーン 外壁サイディング 防水工事 屋根カバー工法 火災保険 ドローン メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
お客様の声 お問い合わせ 見積り依頼★好評 来店予約★好評 資料請求 オンライン相談 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ドローン屋根診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップガイソーブログ > 瓦屋根の放置は危険!こんな状態の場合にはすぐにメンテナンスを!
ガイソーブログ
瓦屋根の放置は危険!こんな状態の場合にはすぐにメンテナンスを!
2022年06月19日
目次
1.本棟の欠落は大変危険です
2.土が見えているのは要メンテナンス!
3.瓦屋根の定期的なメンテナンスは重要

こんにちは!
ガイソー豊橋店榑林です。

今回は瓦屋根の棟が崩れているとの事でお問い合わせがありました。


1.本棟の欠落は大変危険です
早速調査に伺うと、本棟の鬼瓦回りが崩れてしまっています。






このように崩れてしまうと大変危険です。
雨や風で瓦が屋根から落ちてきたり、強風で瓦が飛んでしまったりと二次災害にもつながってしまうのでこのような場合はすぐメンテナンスが必要です。


2.土が見えているのは要メンテナンス!
さらに調査を行うと漆喰もメンテナンスが必要な状態でした。



土が見えてしまっている状態でした。
このような場合、土が空気にさらされることにより土が乾燥し、土が外部へ流れ出てしまい棟が崩れてしまう可能性があります。
漆喰は細かいひび割れや黒ずんできた時がメンテナンスのタイミングです。


3.瓦屋根の定期的なメンテナンスは重要
今回は崩れた棟の補修と漆喰の再施工を行いました。







崩れてしまっている棟は一度解体し再施工します。
再施工の場合は土の使用ではなく高い耐候性の南蛮漆喰を使用し本棟を仕上げます。

瓦は耐候性も高く丈夫なのでとても安心な屋根材です。
しかし、漆喰の劣化や瓦のズレなどの放置は結果的に屋根の寿命を縮めてしまいます。
台風到来の前に屋根の点検やメンテナンスを行うことをおすすめ致します。

屋根・外壁のメンテナンスはガイソー豊橋店・豊川店にお任せください。


≪お問い合わせフォームはコチラ≫
www.gaiso-toyohashi.co/contact/

ご予約・お問合せ先
0120-215-010
受付 8:30~19:00